水虫対策

ユーカリ系プロポリスは抗菌力が高い?

プロポリスの広告で、ユーカリ系と特に謳っているものがあり、その原産地はブラジルが主なようです。
ユーカリはオーストラリアやタスマニア島で主に分布していますが、気候が似ているブラジルでもたくさんある樹木です。
したがって成分を明確化するためにユーカリ系という名称がつけられています。

プロポリスの多くは輸入品のようですが、その中で特にユーカリ系を謳っている製品があり、原産国はブラジルです。
ユーカリとは主にオーストラリアで見られる高木で世界中に見られ、その種類は500以上もあります。
ちなみにオーストラリアでは先住民が傷を治すためにユーカリの葉っぱを利用していましたし、葉から精製されるユーカリオイルには殺菌作用や鎮痛・沈静作用があることが医学的に証明されています。
これはプロポリスと大いに関係があると考えられますから、ユーカリ系という製品には高い抗菌作用があるとも言えるでしょう。

ユーカリはブラジルではミナスジェライス州とパラナ州南部に多く見られる樹木で、広大な植林地域があります。
比較してみますとブラジル全土のユーカリ植林面積は日本国土と同時くらい広い面積です。したがって、ユーカリ植林地に放たれた蜜蜂が集める樹液は膨大な量にのぼります。
それを原材料にしたのがユーカリ系プロポリスであり、製造は国の厳しい管理下でおこなわれ、ブラジル国農務省と厚生省衛生局が厳重にしています。

ただしこれはどのようなプロポリスにも言えることですが、製品の内容はそれぞれが異なります。
すなわち蜜蜂が蜜や樹液を採取する環境や条件により異なりますから、どの製品でも同じ効能があるとは言い切れないのが実際であることは覚えておきましょう。
したがって市販の製品にばらつきがあることは否めない事実であると言えるでしょう。

ユーカリ系プロポリスと言う製品があり、これは西洋蜜蜂が蜜や樹液を採取する際にユーカリの樹液を含むことに由来しています。
ユーカリ自体には殺菌・抗菌作用があることが医学的に証明されていますから、それを含むプロポリスにも同様の作用があると考えられます。