水虫対策

プロポリスに含まれるパロチンは若返ホルモン

プロポリスは健康維持と同時に若さを保つ作用があるとされていて、その秘密はパロチンという唾液ホルモンです。
このホルモンは20歳を過ぎる頃からだんだん生産量が落ちてしまいますが、それを外から補う必要がありますが、プロポリスにはこのホルモンが含まれています。

25歳はお肌の曲がり角と以前から言われていますが、それは人体内で若さを維持する各種ホルモンの生産量がだんだん少なくなるからです。
これは自然現象ですから致し方がないことですが、体内で生産量が減った分を外から補うことで老化現象を防ぐことができるようになりました。

人体が生産するホルモンの種類はいくつもあり、そのうちのひとつが唾液ホルモンとも呼ばれるパロチンです。
パロチンはその名の通り唾液を出す部位から分泌されますが、その量が減った分を実はプロポリスのなかにある成分で補給することができるのです。
蜂蜜類は実に神秘的でありかつ驚異的な成分をたくさん含んでいますから、パロチンが含まれていても不思議ではないのです。

パロチンはローヤルゼリーに多く含まれていることで知られていて、同じような西洋蜜蜂のプロポリスにも含まれています。
プロポリスにアンチエイジング機能があることは以前から証明されていて、それはほかの栄養素だと思われていましたが、さまざまな研究の結果それがパロチンだと判明しました。
したがって、毎日適量のパロチンを補えば若さを保てるばかりでなく、老化現象を遅らせることができるのです。
今ではほかの老化防止成分も数多く発見されていて、それらを製品化することに成功していますから、アラフォーでも20代の若さを保つことは難しいことではなくなりました。
プロポリスで若さと健康を取り戻すことは今では誰にでもできることなのです。

プロポリスは摩訶不思議な物質で、研究すればするほど奥が深いようです。
含まれている成分のひとつに唾液ホルモンであるパロチンがあり、これが若返りホルモンとして重要な役割を果たしていることが判明しています。